交通アクセス表記2(名古屋駅から17分45秒)

まずは、結論である。
名鉄名古屋駅からおさやの入り口まで。
17分45秒
(今回の計測は、16分15秒)

さて、昨日の続編である。
昨日書いたように、徒歩5分7秒については、まあ、そこそこOKである。

で、次の名鉄名古屋駅から12分という表記である。
これは、名鉄のダイヤもそうなっているので、間違いはない。
名古屋の地下鉄東山線で名古屋駅から12分というと、池下である。
岩倉は、近い!

ここで、ちょっと、首をひねった。
「ありゃぁ、だったら、名鉄名古屋駅からおさや糸店まで、17分?」
これはちょっと驚きである。
ほんとかしら?なんとなく、もう少しかかるような気がしていた。

こんなときは、実証あるのみである。

ちょっと、いんちきした。(^_^;
もとい、予習しておいた。
・岩倉到着時、何両目の乗降口が岩倉駅ホーム階段に近いのか、
・何時ごろが、一番スムーズにダイヤどおり動くのか
以上の2点を信頼の置ける名鉄人に聞いておいた。

2010年6月12日(土)
仕事の合間に、毛糸の展示会を見に名古屋まで行ったので、
残念ながら、ダイヤが遅れたりする可能性の低い、
昼時というわけにはいかなかった。

この電車に乗ることにした。
d0156706_12282164.jpg快速特急 新鵜沼行き 17時22分名古屋駅発 
一部特別車 6両編成。
(特別車両に乗ると座席指定券が必要)

定刻より4分遅れて到着。
もしかしてラッキーかも。
d0156706_12283992.jpgいつもながら写真は下手である。
電車が構内に入り減速しているので、大変ゆっくり走行しているのに、・・・。
撮れた画像を見てみたら、被写体の電車は、右の隅っこにちょろっと写っているだけ。
(^_^;
(左の写真は、トリミングしたもの。)

写真を撮って、急いで目的の3両目前の扉へ。


車内に一歩目の足を載せると同時に、ストップウォッチをスタート。
乗り込んでから、扉が閉まり、発車するまでの時間が長く感じられる。
「出発進行!」、乗り込んでから、ここまで「19秒」

車内表示、名古屋の次、途中停車なく「次は岩倉」である。
d0156706_12292230.jpg定刻より遅れて発車となれば、とうぜん普段より早く走ってくれるに違いない。
名鉄マン魂を見せて欲しい。
♪はしれ~!!
とっきゅうせんとれあぁ~♪


やはり、なんとなくいつもよりスピードが早い気がする。

岩倉駅が近づくと、いつもは左側の景色を見ている。
おさやの建物が見えるからだ。
店主というのは、こういうものである。
かわいいものである。

が、今回は名古屋駅出発からすぐに右側の扉の前に陣取り、
扉が開いたら、サッと出られるように待機である。
左の窓は、チラリとも見ない。
気合充分。

駅が近づき減速、
よしよし、階段のまん前に・・・・・・、
えっ、うっそ~。
階段より・・・・・。

扉が開く。
一歩目の足を出すと同時に、ストップウォッチを押す。
岩倉駅着 ラップタイム 10分21秒
事前に名鉄の人に聞いたお話では、11分50秒で走っていると聞いたので、1分以上短縮である。

思っていた場所に停車せず、
走りたい気分であるが、走ってはいけない。
(わしの記憶違いかなぁ・・・。6両のときは、3両目の前扉と聞いていたように思ったけどぅ・・・。)

教室に戻りたくて急いでいるのに
廊下で生活指導の先生とすれ違う、
小学生のような気分である。

同じ電車から降りてきた人の中で、10番目くらいに改札を通過
10分54秒
ラッシュ時ではないので、走っている人はいない。
そんな中での10番目なのは、わしが、走ったりしていないことの証明である。

目標の「おさやまで20分以内」は、まず間違いない。
さあ、あるくあるく。

そこそこの速さで歩いていたつもりだが、
サラリーマン風の男性にあっさり抜かれる。
後姿を見ても、そんなに早く歩いているふうには見えないけどなぁ・・・・。

気持ち的に余裕が出てきたので、しゃしんをパチリ。
d0156706_12293545.jpg


とちゅう、やや交通量の多い道路も、止まることなく横断。
ラッキー!

順調におさやへゴール。
16分14秒
すごい!!

名古屋駅で電車に乗り込んだ1歩目からおさやの建物に入る1歩目まで
16分14秒
名古屋からおさやは、こんなにも近い!
名鉄さんが、ダイヤどおり走っていたとしても
17分45秒くらいである。

d0156706_12294582.jpg携帯のストップウォッチモード画面
乗り込んでから
発車まで 00′19″28
岩倉駅着 10′21″20
改札通過10′54″78
おさや着16′14″98
駅からの写真付き案内
by osayaitomise | 2010-06-13 15:51 | おさやのこと | Comments(0)