乳と書いて「ち」と読むそうだ

今日電話で問い合わせがあった。
「『ち』ありますか?」 
私が受けたわけではない。おさやスタッフのSさんが、電話で
「ち?ち?ちぃ?」とか、なんか、連発しているのを横で聞いた訳である。

「ち」・・・・・
知らないうちに、わしもこの業界に入って25年である。
たぶん、この25年の間で2回目の「ち」の問い合わせである。

残念なことであるが、思い出せない。

なんとなく、足袋のコハゼの受け側の糸部分。
あんなようなものが浮かんできた。

不思議なものである。
憶えているわけではないが、なんとなく浮かんできたわけである。
「これかなぁ?」確信はない。

ところが、これが電話では伝わらない。
「一度見に来てください」
となる。

結局
d0156706_18285011.jpg


これであった。
真ん中抜けているのは、お買い上げいただいた白の場所である。

だいたいこれを買いにくる人は、指で楕円を描きながら
「ボタンとおす、ひもみたいな、こんな(ここで楕円)格好のやつ」
「呼び方しらんでいかんけど、こんな(ここでさらに楕円)やつ」
となって、
「これかなぁ?」
となって
「そうそう」
となる。

ここで、
「『ち』ですか?」ときいても、お客さんにはチンプンだとおもう。
となると、流通していない言葉「ち」って何となる。
物はそこそこ(けっしてよく売れているわけではない)流通しているのに、ことばは、流通していない。
物の需要に対して、言葉の需要が低い。

死語というか、専門用語ってことかな?
和裁とか着物業界さんでは、普通に使われているのかしら?