<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハンドクラフトフェアは、中部地区最大のハンドクラフト系イベントである。
もとい、手芸系イベントである。
毎年、大変にぎわうイベントである。
手芸業界は、不景気にあえいでいるのに、あのイベントは毎年盛況である。
業界の不思議である。

まあ、それはよしとして、もとい、あしとして

今年も、子供向け講習会ブース「ホビッコランド」のコーナーを、おさやを主な拠点として活動しているNPO法人手作り文化普及振興会で受託することになりました・・・・。ってお話は前にも書いたね。

材料の準備が、繁忙期となってきました。
ふだん、会合中も居眠りばかりしているわたくしですが、このときだけは、そこそこ活躍します。

たとへば、スポンジの板を、ロータリーカッターで
d0156706_19294184.jpg

こんな風にカットします。
今回は、たぶんこのテーマは、ヒットの予感があるので、120本用意しました。
d0156706_19295642.jpg

同様にフェルトも120本以上カットします。
d0156706_19301162.jpg


で、テーマ作品の完成!!
↓こんな感じです。
d0156706_19302276.jpg

(^_^;

現物は、当日見に来てね。
月曜 手編教室の作品である
d0156706_18474993.jpg正しい手編作品である。
ケーブルニットとか言うのかしら?
もう少し写真が上手なら、この模様ももっと立体感が出ると思うんだけれど、・・・・。
どなたか、ボランティアで・・・・・。無理だわなぁ。


こちらは、かぎ針のポンチョ風ベスト
d0156706_1848280.jpgこんな感じのポンチョが、かぎ針復権のきっかけかな?
40年位前のデザイン本にもありそうな感じであるが、今やこれが新しい感じがするので不思議なものである。
7年位前から、よく新刊の本に見かけるようになった。
人の感覚は、不思議なものである。

フェアアイルの編みこみセーター
d0156706_18481118.jpgこういうのは良いね。
わしが物心付いた頃からずーっとあるけれど、古さは感じない。
伝統的な柄の強みである。
編むのは大変そうである。
編みかけを持ち運ぶとき、ぞろぞろと毛糸玉が付いてくるのが、いい感じである。
いもづるである。

なんとなく、とくしたような気もするし。犯罪者一掃のような気もする 言葉である。

そんなわけで、流行の移り変わりとか、人の感覚とは、不思議なものである。

花瓶敷き
d0156706_18482284.jpgではない。
完成したら、アップしますのでご期待ください。

火曜日の編物教室作品
火曜日の教室は、手編も機械編も あり である。
はじめは、機械編みだけだったけど、ブラザーさんでさえ、編み機から撤退するご時勢である。
ヴォーグさんも「ZAZA」をとっくの昔に廃刊にした時代である。

零細小売業としも、やはり、なにか「手を打たねばならない!」
そんなわけで、「手編もできます。」
実に安直な「手」である。
いちおうシャレにもなっている。

機械編みの作品
d0156706_1981969.jpg今となっては、新鮮である。
機械編みの編み込み模様。
経営している私が言ってはいけないが、レトロである。
ちがうなぁ、いまどきレトロは、売り ですから。
経営している私は声を大にして言いたい。
「れとろである」
はじめて、フォントサイズを変えてみた。

模様のアップ
d0156706_1983039.jpgけれど、全国1万人の機械編みファンの皆さん。
肩をがっくりと落として、頭をうなだれることはない!
立ち上げれ!全国9500人の機械編みファン!
文章を書く間にも、ファンが減り続けているご時勢であるが・・・・。

ここ数年で、かぎ針編みやレース編みが復権したように、
間違いなく、この手の機械編みが復権する気運が、世の中に生まれ始めていると思う・・・・・ような気がする・・・・・・かもしれないなぁ

もし、そうなったら、思う壺である。
全国8500人のファンの皆さん。
編める技術を持っている人の数は、かなり減っている。
あなたの編む作品は、希少価値である。

おさやの火曜教室には、けっこう若い機械編み生徒さんがいる。
もう少し時がたてば、人間国宝かもしれない。
TVも取材に来るかもしれない。
長生きして欲しいものである。



シルバー精工さんには、がんばって欲しいものである。
おさや糸店では、シルバー編み機、販売しています。
修理もできます・・・・、が見積もりは有料です。
ブラザーの編み機も修理できます。ただ、パーツが手に入れば・・・・。
(^_^;

編物教室(手編み・機械編み・レース編み)
今回は趣向を変えて、おさやのスタッフに文章を書いてもらった。
やはり、わし以外の視点も趣が変ってよいかなぁ・・・、と思ったからだ。
---------------
口コミでじわじわ広がってます。
「縫い針に糸を通すのに30分も奮闘した。」とか
「あの煩わしさを考えたら、針仕事を敬遠しちゃう」
とか、時々耳にします。
そんな方に絶対必要!
煩わしさから開放してくれる優れもの
「らくらく糸通し」!!
d0156706_19215977.jpg
ワンプッシュでOKです。
一度店頭でお試しください。納得です。
d0156706_19222110.jpg
    以上 加藤@おさや
---------------------
クロバーのヒット商品である。
確かに書かれているとおりである。
お買い上げいただいたお客さんからの口コミで買いに来る人も多い。
便利である。よく売れている。

それにしても、「30分も奮闘した」というのは、少し大げさではないか?
話半分、15分としても、なかなかのものである。
5秒に1回トライしたとしても、15分でも180回。
30分なら360回である。
針穴付近の拡大映像を想像してもらいたい。
針穴周辺を360回も糸が往復する。
361回目にようやく針穴に糸が通る。
確かに感動的である。確かに奮闘である。確かに針仕事も敬遠である。
確かに、買いたくなるに違いない。

それにしても、加藤さん。なかなかの文章である。
クロバー社員一同、大喜びに違いない。

お試し器が店頭にあります。
お試しください。
前回のレインボーファスナーは、ブログに書いた成果か?
さっそく、在庫がなくなりました。

あっという間の出来事である?
一瞬の出来事である。
こまったものである。いっぺんに全部である。
こらっ!返せ!
(`´)

さて、善良な皆様には、ご迷惑をおかけします。
m(__)m
近日入荷しますので、よろしく。

さて今回は、レースのファスナーである。
d0156706_1916591.jpg

両開きもあるよ。
d0156706_19171098.jpg

今流行ってるのかな?キャラメルポーチって言うんだっけ?
d0156706_19171916.jpg

表に出して縫うだけなので、たぶん、普通のファスナーより、らくちんだよねぇ。
d0156706_19173544.jpg

何が原因だろう?

ときどき起こることがある。

一年に10人くらいしか買わない商品を、
一週間に、5人が買っていく。

お話を聞いても、別にTVで取り上げられたわけではなさそうである。

ぬいぐるみや編みぐるみの中に入れるプラスティック製の鈴である。
「ころころ」っと、やさしい音が心地良い。
d0156706_2005237.jpg
偶然理論である・・・・・・適当に言っている。
(^_^;
適当に言っただけで、偶然理論が何たるかは知らずである。


「偶然理論」とか「神はサイコロを振らない」とか言われると、なんとなく、うなずいてしまう。
「あほなわたし」  である。
大きな間違いの元である。

プラ鈴 一個単位で売っている細かい商売である。
愚直な商売である。
ニットパーティの風景である。
d0156706_1928135.jpg
ハマナカさんの協力である。
専属講師の水野先生(左)である。
写真には写っていないが、営業の中沢氏とは、良いコンビである。
また、本社の浜中女史が加わると、よいトリオである。

私などついていけない世界である。
商売熱心である。
わしも、商売不熱心というわけではないが、
少なくとも、あの方たちのような形で、編物を愛しては、いないと思う。

パーティ会場はこんな雰囲気である。
d0156706_19282596.jpg
愛していないからといって、ダメかというと、そうではないと思う。
おさやのことは、愛しているし、
おさやに出入りしている多くの人を愛していると思う。

作品の数々
d0156706_19283615.jpg
パーティではあるが、別にシャンパンとかワインが振舞われるわけではない。
パーティではあるが、別に誰かが声たからかに演説して、「YES WE CAN!」などと叫んだりはしない。


作品のかずかず
d0156706_19285923.jpg
本当に写真は面倒くさいものである。
机の下に写っているダンボールのおかげで、作品の雰囲気も何もかもだいなしである。

ほかにも、帽子やらバッグの小物作品もいくつかありましたが、撮影し忘れました。
m(__)m


確か、この作品はスパンコールが糸にもともと付いている糸だと思う。
アップの写真を撮っておくべきだった。
d0156706_19284894.jpg
そんなわけで、参加費1000円(昼食付き、材料費別)の超破格値、ニットパーティであった。
大変良い企画だと思う。
われながら、よくやっていると思う。


お隣の部屋で奮闘するわし↓かがよひブログ(別ウィンドウ)
かがよひブログへ

参加者の皆さんに、感謝。
m(__)m

ホームページ作ってまして、すごいなぁ・・・。と、感心しました。
おさや編物教室へ

おさやとかがよひあわせて、編物関連だけでこんなにメニューがある。
-------------------
おさや分
手編み教室・ 手編み機械編み教室・ レース編み教室 
ニッケアドバイザーセミナー・ニットパーティ 
編物ワンポイントレッスン(編物無料講習)
かがよひ分
ニットカフェ@かがよひ・ワンデイニット@かがよひ
----------------
よくもよくもこんなにメニューが揃っているものである。

それぞれが、「定員いっぱいで盛況である」ということは、ぜんぜん、ない。
全教室定員には余裕がある。
(^_^;
昔、手編がブームだった頃は、結構すごかったですわ。
生徒募集のチラシを入れると、10人づつくらい入会していただいてましたから。

最近は、なかなかそんなわけにはいきません。
そのかわり、各教室混んでいないので、ゆっくり編物が楽しめる。
おさやは、儲からない。

うーーん、こまったものである。
(^_^;
おさや編物教室へ
おさや糸店は、ちょっと変った手芸店である。

2年位前から、道具など結構そろえていた。
d0156706_16361818.jpg
なかなか、皮工芸用の工具などをこんなにそろえているところは少ないものである。
こんな手抜き写真では訳がわからんが、目打ち、ヒシ目打ち、穴あけ、カシメうちなどなどである。


サイズやら穴の数やら、色々バリエーションがあるので、品数が多くなってしまう。
在庫管理が大変である。


d0156706_16363430.jpg
こちらは、ハトメ金具やらカシメやら、
同様に、色、サイズなど色々あるので、在庫管理が大変である。
こちらも手抜き写真である。
ハトメ抜きなどの写真であるが、手抜きはいけない。

d0156706_16364536.jpg
こちらは、くしゃくしゃであるが、皮のハギレである。
あっと驚くような価格の商品も入っている。



d0156706_1637539.jpg
よくみると、こんな風にコードも種類が結構ある。
d0156706_16373064.jpg
けっこう、ナチュラル系の布のバッグのもち手にも◎

d0156706_16371863.jpg
こちらは刻印、いろいろである。
こちらのコーナーも商品が折り重なっているので、お手数ではあるが、手でのけて、下をのぞいてみることをお勧めする。おさや店舗内全域楽しむ方法のひとつである。

じつは、工具類、値下げしました。
よろしく。
ボチボチ入梅でしょうか?
今日は、暑さに湿度も加わった感がありました。

d0156706_1530369.jpg


ずーっと、お客様からは、ご指摘受けておりましたが、自転車置き場作りました。
雨の日も安心してお越しください。