<   2010年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

夏だ海だ「いかり印の持ち手テープ」が入荷しました。
d0156706_16473525.jpg

こちらチェックのリボン
d0156706_16482470.jpg

こちら、白の名前ペン
d0156706_16475447.jpg

その名も

「白なまえ王」
業界初濃色の布に直接かけるおなまえペン

なかなかの命名である。
「白なまえ王」
なまえペンに「王」

かすれて、使えなくなったら
「なまえ王」って、ゴミ分別、何と一緒だっけ?
「それは、あれでしょう。金曜日の資源ごみの日。金属って書いてあるカゴだよ。ワイヤーハンガーとかといっしょよ。」
「でも、王様を捨てちゃっていいの?」
「いいのよ、役立たなくなったものは、王様だって、帝王だって、捨てちゃえば。」


わし、がんばって、働きます。
m(__)m

以下、2010年8月3日追加
いかり柄のボタンと布も、よろしくね。
お犬様などの絵 下書き
d0156706_191836.jpg

布に清書して、クレヨンで色付け、輪郭や髭などは刺繍
d0156706_19175378.jpg

まだ、作品として完成しているのはなかったので残念。
タペストリーかな?

こちら名古屋城、えーーーと
本丸御殿だったかなぁ???
すんません。忘れた。
d0156706_1921151.jpg
m(__)m

とにかく、4枚組のうちの一枚である。
作品全景
d0156706_19272469.jpg
さすが編物の先生である。
バテンレースがついていなくても、なかなかシンプルでよい作品だと思う。
しかも、腕の組み方とか、ちょっと、おすましである。
もし足の先まで写していたら、
きっと、ちょっと前後にずらしていたに違いない。

作品のアップ
d0156706_19283146.jpgやはり、
ごらんの皆様の中には、編物、レースのマニアの方が多いと思うので、作品のアップである。

こちら、顔のアップである。
d0156706_19291931.jpgやはり
ごらんのかたがたの中には、お茶目顔の先生の顔が見たいという方も多いと思うので
「お茶目顔のアップ」である。



おさや編物教室
毎月第1土曜
同じ作品の色違い
こちらは、胸まであげ、キャミソール風
d0156706_17304969.jpg

こちらは、ウェストでとめてスカート
d0156706_1731051.jpg

なかなか面白いものである。
なかなかアイデアである。
やはり、おじさんとしては、キャミ風に1票である。
おじさんだけが、有権者なら、当選確実である。
かとうさなえさん作
「needle Grip-It」と「Thmble-It」
d0156706_19113443.jpgまぁ、キワモノである。
たいていの場合、こういったものは、
おもしろがって仕入れてみてしまうものである。
で、たいていの場合、ひとつも売れなかったり、してしまうものである。
仕入れる前からわかっていても、ついつい、仕入れてしまうものである。
なにこれ?

こちら、指にくっつけて使うシンブル
d0156706_19114638.jpg最近「シンブル」って言う人増えたね。
「指ぬき」だわなぁ。
家庭科の時間、
初めて裁縫箱の中をを見たとき
「何?この指輪」と思ったあれである。

こちらは、ニードルグリップ
針が布を通りにくいとき、これを指につけて引っ張ると滑りにくい。
d0156706_19115540.jpgあれだわ、「指サック」
やっぱりあれですよ。
黒い腕カバーと青い指サックは、
女子事務員の定番商品・・・・・・、
何十年まえの話だろう?
いまどき、そんな「女子事務員」さんがいたら、かっこいいだろうなぁ。

いかにも、アメリカ的な商品だなぁ・・・・、と思ったら。

d0156706_19122279.jpg
日本製でした。

ブログに載せようと思って、写真に撮っておいたら、どうも、昨日売れたみたい。
とりあえず、もう一度、仕入れないかんなぁ。
ニヒルな男である。
d0156706_1620082.jpg母たちの騒ぎなどどこ吹く風である。
できれば、タバコなどをくわえて、ブルーズギターなどを奏でて欲しいが、
そこはまだ、子ども。
プレステである。


それぞれのブースの写真も撮らせていただいたが、
なんだか、うまく撮れていないので、困ったものである。

せっかくなので、最後に集合写真撮りましょうか・・・、となった。
いい人なので、わしが撮ってあげた。
「はい、チーズ」
ってな写真より、
「**さん、そこ写んないわよ」とか、「あなた、前にいきなさいよ」とか
そんな会話が交わされている、このあたりの写真が好きである。
d0156706_16212988.jpg

はい、チーズ!
d0156706_16214588.jpg
ところで、まんなかのお二人は、おぼんに何を入れて写ってるんだろう?
最後の記念写真に撮っておきたいもの・・・。

今となっては、謎である。

おつかれさまでした~。
ワンデイショップである。
d0156706_19345677.jpg
本日搬入・・・、とおもいきや、お二人様のみ搬入。
あとのお方は、明朝らしい。

そんなわけで、搬入風景、であるが、ちょっと、さみしいのう。
d0156706_19363252.jpg

大切なことは、ロビーで話される。

こちら、gigglesさんのフェルト
d0156706_19364670.jpg

こちら、「明けましておめでとうございます。元旦」さんの作品
d0156706_1937191.jpg

さて、あしたが、楽しみ楽しみ。
(^^)
おさやスタッフのYさんが作ってくれたものである。
左はレースや金属のバラパーツ、ラインストーンなどが、埋め込んである。
d0156706_11491730.jpgレジンという名称で、40年ほど前にも流行ったことがあった。
当時は、ドライフラワーとかを埋め込んでたような気がするけど、違うかなぁ?
わしのご幼少の頃なのではっきりとは覚えがない。


アップ。こちらは、背景は布・・・・、たぶん。
d0156706_11493052.jpg
カニが埋め込んである置物を持っていた。
それは、多分どこかの観光地で買ったものだったと思う。
樹脂の中に埋め込まれたカニ
ジュラシックパークも確か、琥珀に埋め込まれた生き物から取り出したDNAがどうこうって、話だったような気もするが、昔のことなので忘れた。


こちら、紫外線硬化樹脂。
d0156706_11493830.jpg
レジンってのは、樹脂って言う意味らしい。


熱収縮の縫い糸である。
普通に縫って、アイロンをかけると
d0156706_1093950.jpg

こんな風になる。
大変面白い商品だと思う。
・・・・・・が、ほとんど売れない。
面白いと思うんだけどなぁ・・・・。
いろいろ遊べると思うんだけどなぁ・・・。

たとへば、大き目のTシャツ、適当にミシンかけて、・・・・。
↑どなたか作るという方おみえでしたら、作品の写真をここに載せるという条件で、1巻進呈します。
ただし、失敗しても知らんよ。
(^_^;

こちら、使い方。
d0156706_10101676.jpg

名古屋弁では、「編んであげなさいよ」を「あんだりゃぁ」という。
「あの子には、赤いセーターが似合うと思うから、編んであげなさいよ」 は、
「あのこにぁ、あっきゃぁ、せーたがにあうで、あんだりゃぁ」となる。

ハマナカ「アンダリア」、商標の語源は、名古屋弁であった。


うそです。
m(__)m

昨年も人気であったが、今年も人気の作品である。
d0156706_17175626.jpg相変わらず背景がぐちゃぐちゃだなぁ。

こちら、おそろいのがま口
d0156706_17243063.jpg


アンダリアってのは、1959年の発売だそうである。
すでに半世紀以上続いた商品である。
トヨタカローラは1966年発売である。
その、7年も前から続く商品である。

わしも、たぶん保育園児の頃、ザルみたいものに、とじ針でアンダリアを刺していった覚えがある。
初めて作った手芸がアンダリアだったわけである。

正直なところ、10年位前には、ほとんど手芸店の店頭から消えた商品である。
それがここ5年くらいで、復権である。
手芸ってこういうところが、面白いところである。
それにしても、ハマナカさん、よく廃番にせず継続してきたものである。
エライ!
なにか、商品管理の数値だけで判断しない、メーカーの思い入れがあるような感じがする。