<   2011年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

結構ファンの多い、入り口すぐにある靴下コーナー
3足499円とお値打ちなせいもあってか、わざわざ靴下を買いに来てくれるお客さんもいる。

で、美脚ソックスである。
d0156706_1824958.jpg


ちまたでは、流行っているらしい。

「適度なしめつけでリラックス効果抜群」
まぁ、よくわかりません。

売っているほうが言っていてはいけませんが、
本当に美脚に見えるんだろうか?
脱いだとたん、醜脚になったりするんだろうか?

だとしたら、脱ぐ瞬間は見てみたいものであるが・・・。

少なくともこのモデルの人は、脱いでも美脚だと思おうなぁ。
もう、発売されて結構時間がたっていると思う。
発売されたとき、これは絶対売れる!と思った。
が、思ったほど売れなかった。
d0156706_15404556.jpg

ミシン糸とボビンを一体にして保管できる優れものである。

わしのような、物をよくなくす人には、よいと思う。
万一なくすときも、一緒になくすので、なくしたことにも気づかず、未練なくすごすことができる。

そう、なくす時は、なくしたのも気づかないように、なくしたいものである。
でも、なくすとショックなものは、大抵の場合、なくしたことに気がつくので、人生うまくいかない。

ときどき、大切なものをなくしたかなぁ・・・と気がつきそうになることがある。
そんなときは、「ちょっとどこかに紛れ込んでいるだけで、なくしたわけではない」
ということにしておく。・・・というか、そんな雰囲気にしておく。

言葉にしてしまうといけない。
「なくしたわけではない」という言葉が発展して「なくしたに違いない」となってしまうからだ。

ことばにせず、なんとなく「ないなぁ。最近見ないなぁ。という雰囲気」にするにとどめることである。

言葉にするのは、良くないこともある。
はんこである。
d0156706_18315548.jpg

おしゃれである。
d0156706_18343768.jpg

こういうのは、おさやは売るのが苦手である。
d0156706_18343241.jpg


それなりに種類をそろえても、陳列のしかたが下手である。
というか、物が多すぎる。

なので、雰囲気づくりをして、印象を良くして、お客さんを「ふわぁー」とした気持ちにさせて、ついつい買わせてしまう・・・・、ということが苦手である。

小さな雑貨屋さんのほうが、よほど、よく売ると思う。

そんなわけで、一度仕入れて、ほかってあったんですが、
おさやでも、なぜか今頃、ちょこちょこ売れているらしい。
なので、新たに仕入れたらしい。


で、やっぱり売り場は、こんなぐちゃぐちゃなので
d0156706_18483977.jpg

商品を全部見るには、上にある商品をよけて、下を見ないといけない。
(^_^;

右のほうに見えるスタンプ台は、布用 バーサクラフト
d0156706_1844926.jpg


こんなに色数を取り揃えているとは、店主のわしもしらなんだ。
プリントのレース生地とは、なかなかである。
d0156706_106259.jpg

d0156706_1062097.jpg

よくできている。
d0156706_19273785.jpg

多分追加はないと思うので、早い者勝ちである。
ウルトラマンいろいろ。・・・、写真暗いね。 (^_^;
d0156706_12182776.jpg


ウルトラマンゼアス
d0156706_12164718.jpg


ひょっこりひょうたん島
d0156706_12165033.jpg




わしの小学校低学年の頃
ウルトラマンとかウルトラセブン
あとは、高学年になっちゃって良くわからんです。
ウルトラマンタロウとか、ウルトラマンレオ、バルタン星人、エレキング

今日も、おこちゃま連れが買って行った。
45年前のキャラである。


ひょっこりひょうたん島は、あのテーマソングが印象的だなぁ。
ドン・ガバチョ なんて忘れられない名前だわ。
別にどうということはない。
バックルである。
d0156706_17325776.jpg


ところがなかなか、こんなあたりまえのものを取り扱っているお店は少ない。

そういうご時勢である。

効率を追求すると、つまらなくなる。

社会ぜんたいが効率を追っかけているので、社会もつまらなくなる。

そんな風潮の中、零細小売業は、ほっと一息できる空間である。

おさやは、まさに非効率の塊である。
バッグとかジャンバーとか、
d0156706_1565292.jpg

大きさ2種類、色は3色
d0156706_1565531.jpg



ニッチである。
コアである。
マニアであると思う。

が、これって、商品名なに?
仮に商品名があったとしても、
探している人がその商品名を知っている可能性は低い。

折角ここにものがあって、
売りたい私がいて、
多分日本のどこかで、今現在これが欲しいと思っている人がいる。

が、ちゃんと検索でひっかるだろうか?
そんなわけで、サイバーなサーバーの中に、画像データは埋もれていくのであった。
Eさん
d0156706_835869.jpg

すずを一つ一つ転がして、音の違いを確認しながら、ご購入いただきました。

なかなか、マニアな行為だと思います。

おさや鈴コーナーも結構マニアだと思います。
d0156706_8405213.jpg

伝統的であたりまえのような柄であるが、これがなかなか、ないらしい。
d0156706_16145911.jpg

こちらはラメが入ってたりする。
d0156706_1615487.jpg

d0156706_1615847.jpg

d0156706_16151320.jpg

お得意のピンボケである。
d0156706_16151790.jpg



もちろん、普通の花とかもいろいろ取り揃えております。
以前の記事「ちりめん」