3年ほど前からこの手の毛糸がヒット。
昨年は、パピーも同タイプ、参入。
今年は特注糸で段染めも
d0156706_1863352.jpg

昨年は、結構買い込んだので、品切れも少なくシーズンほぼ終わりまで、売りましたが、さて今年は?

夏でも問い合わせが、ちょくちょくあるので、単色は店頭にも出ています。
はえぇなぁ~。もうひゃぁ、夏やすみかぁ~。
だいたい、歳をとるごとに早くなる。
何で、子どもの頃は、あんなに一年が長かったんだろう?

そんなわけで、店頭に「夏休み子どもワークショップ」の作品紹介コーナーを作った。
d0156706_1715212.jpg
もともと、かがよひスタッフのSさんがコルクボードに作ってくれた。
そこに、NPOさん関連の作品を、おざなりに、わしがくっつけたので、くちゃくちゃである。
実に、おさやらしい展開である。

終了しました。2010年のイベントです。


こちらは、ビーズのブレスである。
7月24日(土)13:30~ 「ビーズのブレス」
d0156706_17151958.jpg
超簡単である。
小学校低学年でもバッチリである。
ただ、この色しかないので、
これは、低学年にバッチリとはいえないなぁ~・・・・。


うーーん、どうしよう。
とりあえず
小学校低学年でもバッチリである。

と、強調しておこう。
パッチワークの原先生作品
「畳のへり」 で作ったバッグ
d0156706_18233962.jpg

写真ではゴミがついたように見えるが、だん染めのステッチである。
d0156706_18275837.jpg
段染めは、もっと鮮やかであるが、やはり写真の腕が悪いので、いかん。

うーーん、やっぱり、わしが写しとってはいかんなぁ。


「畳のへり」の作品は、他にも店頭に展示中。
「畳のへり」は販売中

パッチワーク教室
第二、四水曜
詳細は、おさやホームページ
先日の新柄入荷の追加が入ってきました。

先日入荷の色違いもあるので、あわせてご紹介です。
d0156706_17441926.jpgこの幾何学的というかうちわ的というか、この模様は、アイデア次第である。

d0156706_17455078.jpgこの色神検査的な柄は、グランドとして使えそうな気もするが、バックのグラデイションがまた味噌である。
「色神検査」は昔の呼び方で、今では「石原式色覚異常検査表」というらしい。
さらに、就職などで差別されたりしたので、いまどきの小学校ではおこなわないらしい。

d0156706_17464041.jpg
私が感ずるところ、この柄が一番むずかしいと思う。
というか、いちばんおとなしい。
柄はともかく、色はいつものファセットらしくないが、意外と作品になると違うのかもしれない。

d0156706_17465148.jpg
エンピツである。
たぶん、いまどきの小学校でも使われていると思う。

d0156706_1747843.jpg今回の入荷の中で、私はこれが一番好きである。
写真一番下の柄がよい。
こんな柄で、アロハなどを作って欲しいものである。
そんなシャツを着て、街を歩いている人がいたら、あまり近づきたくない柄である。
いえいえ、街でなくても、あぜ道であったら怖いかもしれない。


d0156706_1747162.jpgこちらも、なかなかなものである。
写真では色合いが伝わらないのが、ファセットであるが、なんとなく日本の古布でもありそうな柄である。
こんな柄で、ブラウスなどを作ったらよいと思う。
そんなブラウスを着た人にあったら、なんか懐かしくて、ふらふら~と行ってしまうかもしれない。
レトロな感じである。

d0156706_17472829.jpg
この柄にピンときたら110番ではなく、昔からのマニアである。
わしは、マニアではないが、ピンときた。
門前の小僧のようなものである。
手芸店の小僧、リバティを知る。
「なんで、ローワンから?」と思ったら

こういうことらしい。
d0156706_17473985.jpg

こういうことって、どういうことか、ようわからんが
まぁ、つまり、版権とか、契約とか、限定とか、そんなことではないだろうか?
何か作品はできたかな?  とのぞいてみたら。
d0156706_23125828.jpg


お団子タイムであった。
左手前のSさんが、両手に持っているように見えるが、じつはその向こう側にいるべつのSさんの手が見えているのでした。

で、
残念ながら、わしのぶんは、なかったのだった。


ガクリ

編物教室は
月曜火曜木曜開催
夜の部もあります
こちらをご覧ください。