タグ:デコパージュ ( 4 ) タグの人気記事

すでにご存じの方ばかりと思いますが、同じプリントの髪を何枚か用意して、切ってシリコンで浮かして貼っていく。
d0156706_1249451.jpg
キットにしました。


こちらは、転写紙や布と一緒に
d0156706_1249269.jpg


メール
営業時間・アクセス


ブログランキングに参加中
↓クリックしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ

たいてい第1、第2金曜(今月のように変更になる場合もあるので、)
第一教室にて
午前10:00-12:30 または 午後1:30-4:00
11/13、11/20(第3)

生徒さん作品
d0156706_18352862.jpg
d0156706_18353213.jpg
d0156706_18353366.jpg


おさや定期教室
1500円(月2回 税別)
見学、体験随時OK♪

↓デコパージュ体験ほか同時開催中♪
(要予約)

デコパージュ
…紙ナプキンを貼るだけ!カンタン雑貨作り♪
d0156706_18353588.jpg


ラッピングネックレス講習会
…お好きな布で作る、カンタンかる~いネックレス♪
d0156706_18353889.jpg


ご予約はレジまたは、メール、お電話で
(^^)

メール
営業時間・アクセス


ブログランキングに参加中
↓クリックしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ

いち時期はやった3Dアート、色々な呼ばれ方をしていたような気がする。
d0156706_18342346.jpg
シリコンが久しぶりに問い合わせがあったので、取り寄せた。まだ、5本もあるので、買いに来てね。一応、3Dマーカーもいろいろな色がある。



お問い合わせメール



ブログランキングに参加中
↓クリックしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ

コラージュ・デコパージュ・カルトジナージュ

フランス語かなぁ?なんか、みんな「ジュ」で終わるし、
ぺたぺた、糊で貼るし、
頭の中が、くちゃくちゃしてきたので、調べて見た。

【コラージュ】(仏: 英: collage)とは現代絵画の技法の1つで、フランス語の「糊付け」を意味する言葉である。/
通常の描画法によってではなく、ありとあらゆる性質とロジックのばらばらの素材(新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体など)を組み合わせることで、例えば壁画のような造形作品を構成する芸術的な創作技法である。作品としての統一性は漸進的な並置を通して形成される。コラージュは絵画と彫刻の境界を消滅させることを可能にした。

【デコパージュ】(Decoupage)は、手芸の一種。デクパージュとも。/
紙に描かれた絵を切り抜いてモチーフをつくり、家具などに張付けて上からニスを塗って仕上げる。 17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まりと言われている。
全てWikipeです。

【カルトナージュ】(Cartonnage)は、厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるフランスの伝統的な手芸。/
厚紙(carton)で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げたもの。18世紀頃、南仏で蚕を入れる紙箱に装飾を施した物が発祥と言われている。 フランスでは紙で装飾することが多いが、日本では布を用いることが多く、しばしば「布箱」とも称される。 本の表紙などでは箱物の露出が多いが作品の種類は多岐に渡り、フォトフレームやファイルなどの平面作品、フランスの熟練職人は家具に至るまでカルトナージュで制作している者もいる。

すべてwikipeより
wikipeには、もっと詳しい記載あり。
デコパージュが、日本の漆塗りをまねたとは、しらなんだ。

お問い合わせメール

ブログランキングに参加中
↓クリックしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手芸材料・用品へ